接客は笑顔が大事!自然な作り方ともたらす効果を解説!

笑顔のハート

接客の仕事は覚えたけれど自然な笑顔が作れずに、周囲から「笑顔がぎこちないよ」と指摘を受けたことはありませんか?

笑顔を自然に作るには笑顔の大切さを知り、笑顔の練習をおこなうことが大切です。今回は笑顔が接客に必要な理由と笑顔が作れない原因と、自然に笑うための練習方法について解説します。

接客時に笑顔の大切な理由

なぜ接客には、笑顔が大切なのでしょうか。
笑顔で接客をすることの大切さについて解説します。

第一印象が変わる

笑顔は見た人の気持ちを高揚させ、気分がよくなる表情です。いつもニコニコと楽しそうな人は、見るだけで感じがよく安心感のある印象を受けますよね。

ぶすっとした無表情で接客している店員よりも、自然な笑顔で接客している店員の方が、第一印象が良くなるでしょう。

購買意欲につながる

店員の笑顔を見ると嬉しい気持ちになり、自分も思わず笑顔になりますよね。
笑顔で過ごしていると、今とても楽しいという気持ちに感化され、お客様の中で「この店で食事をすると楽しい」という感情が生まれます。

楽しいと感じる場所には長くとどまりたくなるもの。「追加でなにか頼もうかなぁ」と、追加で注文してもらえるかもしれません。
このように笑顔で接客をすることはお客様の滞在時間を延ばし、購買意欲を高めることにつながります。

お店の印象がよくなる

「感情伝染理論」によると、人の感情は無意識にのうちに伝染するといわれています。
自分が笑顔で接客していれば、それを見ていた他の店員にも朗らかで楽しい気持ちが伝染しみんなが笑顔で接客できるようになるでしょう。

すると店全体の雰囲気が良くなり、明るい職場が出来上がります。店員がみんな笑顔で働いているお店はお客様にとっても居心地良く、繁盛店になるでしょう。

笑顔が上手に作れない人の特徴

笑顔の練習をする女性

笑顔がうまく作れない人には、主に次のような特徴が考えられます。
自分がどのタイプで「笑顔がぎこちない」と指摘されてしまうのかを確認し、改善に努めましょう。

接客が怖い

サービス業はお客様と顔を合わせて業務をおこなうため、接客に慣れていない人はお客様と話すのが「怖い」というイメージを持っているひとも多いでしょう。仕事に対して恐怖心を抱いていると「ミスをしたらどうしよう」「クレームを言われたらどうしよう」といった、マイナスイメージから笑顔を強張らせ、ぎこちなく不自然な表情になってしまいます。

お客様と関わるときは、「お客様」としてはもちろん「同じ人」として接していると考えましょう。相手を尊重しながらも適度にリラックスできれば、恐怖心もなくなるでしょう。

緊張している

はじめてのアルバイトは、仕事に慣れていないため、緊張している場合もあります。緊張のしすぎは顔が不自然になってしまい、笑顔が作れない原因となる場合も。

最初のうちは緊張するのも仕方ないですが、業務をしっかり覚えて「自分はちゃんと仕事ができる」と自信を持てれば自然と緊張しないで仕事ができます。まずは確実に与えられた業務がおこなえるようにマニュアルや研修を反復し、仕事内容を頭にインプットしておきましょう。

コミュニケーションが上手にとれない

コミュニケーションを取るのが苦手……。という人も笑顔が作れないスタッフに多い特徴です。「初対面の人と打ち解けられない」「人見知りである」「上手に人間関係を築けない」といった性格の人は、お客様に対してもそのコミュニケーションの苦手さが顔に表れて、笑顔を作れなくなってしまいます。

お金をもらっている意識をもつ

そういう場合は、「これは仕事で、お金をもらって働いている」という自覚をもつことが大切です。

たとえどんなにコミュニケーションが苦手でも、対価をもらって働いている以上、しっかり接客をおこなわなければなりません。プライベートではなく仕事だ、と割り切れば違う自分になりきって接客しやすくなりますよ。

スマイルは作れる!笑顔の練習方法はこれで解決!

どんな人でも最初から完璧に自然な笑顔を作れるわけではありません。ワンランク上のスマイルをお客様に提供するには、日頃の練習がとても大切です。

鏡の前で練習

楽しい時間を過ごしているときの笑顔はとても自然で、相手にも楽しい気持ちが伝わります。しかし仕事だからといって無理やり作った笑顔は、目が自然に笑えていなかったり、頬がひきつってしまったりと、不自然な点が出やすいです。

笑顔を練習するときは、鏡で自分の顔を確認して変に歪んでいる部分はないか、口角の上げ方は自然かどうかを、ひとつずつチェックしましょう。

口を隠して目で笑う練習

笑っているようで笑っていない人の特徴に「口は笑っているのに目が笑っていない」というものがあります。鏡に向かって笑顔の練習をするときは、手で口を隠し、笑顔を作る練習も取り入れてみましょう。

口が隠れていても目を見ただけで「この人は笑顔だな」とわかる表情の作り方を研究してみてください。

楽しいことを思い浮かべる

100%の作り笑顔はどうしても違和感が消えません。

笑顔を作るときは、自分がつい笑顔になるような楽しいことを思い浮かべてみましょう。友人や家族と過ごす時間や大切なペットの姿など楽しい・嬉しいと感じる出来事を思い浮かべながら笑顔を作ると、より自然で好感が持てる表情が作れますよ。

余裕をもって仕事をする

練習でどんなにきれいな笑顔が作れても、仕事に慣れていないと業務に必死になって笑顔を忘れてしまいがちです。

まずは自分がおこなう仕事の内容をよく覚え、余裕を持って確実に業務に取り組めるようにしましょう。経験を積んで仕事に対する余裕が生まれると、周囲を観察する心のゆとりや、お客様のことを考える気持ちも持てるようになり、よりよい接客のための笑顔も生まれやすくなります。

自然な笑顔で自分もお客様も幸せ気分に

笑顔で接客をする男性

今回の記事では、接客業に重要な笑顔のポイントついて解説しました。

  • 笑顔は店の雰囲気・お客様の気持ちを高める大切な接客テクニック
  • 緊張や恐怖心など笑顔ができない原因を、突き止めることが改善の鍵
  • 笑顔を練習は、鏡の前で表情をチェックして細かく修正

慣れないうちはぎこちなくなってしまう笑顔も、3つのポイントを参考に改善していけばきっとお客様に「いい笑顔だね」といってもらえるような自然なものに変わっていくはずです。楽しく接客ができるように、自然で感じのいい笑顔を手に入れましょう!

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加