飲食店へ転職を考えている人必見!会社の見極め方と優良企業について

履歴書

飲食業界は激務なことが多く、転職率も高めになっています。
しかし実際に飲食店から別の飲食店へ転職する人も多く、
例え同業種間でも優良企業を見極めて転職すれば、同じ内容の仕事に就きながらも、今よりいい環境で働くことも不可能ではありません。

今回は、飲食店へ転職を考えている人向けに、転職する会社の見極め方について解説していきたいと思います。

なぜ転職する人が多いのか

・年収UPのため

転職を考える人の中には、年収を今よりもアップさせたいと思う人も多くなっています。今働いている会社で今以上の昇給が臨めないのでは?と感じたり、今自分が正当に評価されていないのでは?と不安になったりしたときに、転職のタイミングが訪れたと感じる方が多いのではないでしょうか。

実際チェーンなどでマネジメント経験がある場合、経験者歓迎の求人に応募すれば、経験を活かして転職した結果収入増になるケースもあるようです。
また、調理専門職、調理スタッフも同じように収入増が見込める可能性もあります。

・労働環境改善のため

勤めている会社の体制が余りにハードだ、という場合も転職のきっかけとなります。
飲食業界はどうしても激務になりがちな企業も多く、体力・精神的に限界を感じて労働環境改善のために転職をする方も少なくありません。

・独立のスキルを身につけるため

飲食店業界で働く人の中には、いつかは独立して自分の店を経営したいという目標を持っている方もいます。
そういった方々は、独立のために経営スキル・営業スキル、仕入れや調理の知識など、さまざまなことを学んでいかなければなりません。

そのため、自分が求めるスキルがある職場に転職しながら独立のタイミングを図るという方法を取る場合が多いようです。

・技術向上のため

最初はキッチン補助として入社したけれど、働いているうちに本格的に料理のことを学びたくなった、といったケースも転職の理由として多く挙げられます。
自分の技術を向上するためは、より本格的で厳しい職場に行かなければなりません。こういった向上心のある転職の場合、収入などの条件よりも、その店のレベルや伝統を重視する場合もあるようです。

・飲食業界は転職しやすい

飲食業界というのは、離職率が高くどの店も常に即戦力を求めている傾向にあります。そのため、店に対して何か不満や不安を感じた時、すぐに次の転職先が見つかることが多く、転職する人材を増やす理由の一つとなっているようです。

【基本】企業選びのコツ

・残業代がしっかり出る

ブラック企業などではタイムカード管理を悪用し、毎月残業時間を修正したり残業そのものを無かったことにしたり、残業代を支給しないというケースもあります。会社の残業時間目安や、残業手当の支給などはしっかりと確認し、適切な残業代が支給される会社を選びましょう。

・福利厚生がしっかりしている

会社が制定する福利厚生には、法で定められたものと、会社が独自につくる制度も。
社会保険の負担などは法定福利厚生の一部なので、ここが欠落している会社はそもそも法に反しているということになります。

その他にも、交通費の支給や住宅手当、社員食堂や健康診断補助など法定外福利厚生というのは、さまざまなものがあります。こういった法定外福利厚生が豊富な会社を選べば、それだけ会社から受けられる恩恵も高くなるでしょう。

中にはサービスで野菜ジュースやビタミンドリンクを支給すると言った、ユニークな福利厚生を取り入れている会社もあるんですよ!

・転職サイトの口コミを参考にする

一昔前とは違い、今はインターネットで簡単に情報を集められる時代です。
とくに、転職サイトは匿名で情報をアップできるので、実際に勤めている人やすでに退職している人からの有力な口コミを得られる可能性が高いでしょう。
転職を考えている時には、こういったインターネットでの情報も有効活用してください。ただし、悪意のある嘘を書く人もいるので情報の見極めは慎重に行いましょう。

・有給消化率は高いか

会社に有給制度があっても、消化率が悪ければ「なんとなく有給が消化できない雰囲気」だったり、「上司に嫌な顔をされる」職場な可能性があります。
直接会社に訊ねることはタブーとされていますが、就職四季報や業界地図などを参考にするとある程度わかる場合もあるので、注意して探してみましょう。
また、有給取得率などは上記で説明した口コミサイトも役立ちます。

【ここも見ておきたい】優良企業かどうかのポイントは?

一流企業の持ちビル

・社内イベント

社内イベントというのは社員同士の交流を図り、士気を上げるために行われるさまざまな行事を指します。BBQ大会や社員旅行、運動会などがよく聞く社内イベントですよね。
これらを積極的に行っているというのは、社員のことを考えているだけではなくイベントを行うだけの豊かな経済状況が保たれているということ。
会社が安定していれば、経営破たんで職を失うリスクも低くなりますし、人員削減などによる過酷な労働を避けられることにも繋がります。

とはいえ、強制的にイベントに参加させるような場合は、独特な価値観をもつ会社であるケースも多いので、イベントを開催しながらも自由参加で参加しやすい会社がオススメです。

・子育て支援

子育てに対する支援も、優良企業を見極める重要なポイントです。
昔は男性が産休・育児休暇を取るといった考え方は会社で認められづらいものでした。しかし、優良企業が先駆けて「男性も育児・出産に参加するべき」として制度を整え始めているので、今では女性社員だけでは無く男性社員も育児休暇・出産休暇を取るというケースが増えています。

こういった、社員の家族・子供のことが考慮された制度を作れるというのは、ある程度会社が安定して問題無く経営できているという証拠。子供を作る計画がある方も、まだ先だという方も、転職の際には子育て支援について調べてみましょう。

・復職支援

優良企業の多くは、女性の出産や子育てがひと段落した際に、会社に戻ってきて働けるように復職支援を行っています。自分は男だ、という方も、女性に対する復職制度の豊富さを調べてみると、思いがけないところに優良企業を見つけられるかもしれません。

また一度転職したけど、「転職前の会社のほうがよかったなー」と思う方もいますよね。企業によっては状況に応じてそういった転職したけど戻ってくる社員を奨励している会社もあります。戻りづらいケースもありますが、会社としての良質な器量と風土が伺えますね。

・1店舗当たりの従業員数

努めたい企業を見つけたら、その会社の支店に従業員がどれくらいいるのかを調べてみましょう。支店の規模に対して極端に従業員が少ないと言った場合、人員削減で無理なシフトを強要されている可能性や、ハードな労働によって離職率が挙がっていると言った場合があります。

反対に、規模に対して適正な人員や豊富なアルバイト・社員が在籍している場合には、会社が働きやすく、労働環境もクリーンである証拠の一つと考えられます。

・社員のための特別な休暇がある

優良企業というのは、会社のことだけでは無く、会社で働く社員やその家族のことも深く考えて経営を行っています。
そのため、ホワイト企業・優良企業と呼ばれる会社の多くは「バースデー休暇」といった社員のために考えた独特な休暇制度を設けています。
しっかり休んでリフレッシュして会社で働いてほしいという想いが感じられますよね。

・就業時間に対する姿勢が厳しい

優良企業というのは、就業時間に対してしっかりと目を見張らせているもの。残業にルーズで、いくら会社に残っていてもとがめられないというのは、一見自由な環境に見えて、残業を暗に強制される可能性があるブラック会社と紙一重な企業の特徴です。

社員の健康や会社の経営をしっかりと考えた企業は、オーバーワークにならないような業務の振り方や、就業時間内に仕事を終わらせてもらい、残業時間を削減しながら社員のプライベートを尊重するという姿勢がみられるものです。

目指したい役職・やりたい仕事は何か?

転職したいと思ったものの、「とりあえずやめたい」や「上司が嫌いだから」と辞める方がいるのも事実です。
しかし、社会はそんなに甘くありません。転職する際に抑えておきたい「転職の動機」を一部事例としてご紹介します。

このような動機があるかどうかを確認し、慎重に転職を検討することも大切ですよ。

・まずは店長を目指したい!

店長を目指したい!と思ったら、店長候補として人員を募集している会社を探してみましょう。店長候補としての転職なら、最初から店長を視野に入れたキャリアアップが望めるので、役立つ知識や経験を優先的に受けられる可能性が高くなります。

・お店の経営をもっとしたい!

お店の経営に携わってみたい!と思う場合には、幹部候補やマネージャ候補といった項目がある会社もオススメ。最初は実店舗での労働がメインかもしれません。しかし、転職者に対して幹部候補としての募集を行っている会社なら、功績をあげていくことで昇進、店舗や会社の経営に深く携わる役職につけるチャンスも訪れるでしょう。

・接客を極めたい!

接客を極めたい!という目標がある場合には、社内で接客コンクールなどを積極的に行っている企業への転職がお勧めです。

接客コンクールとは、企業内やグループのすべての支店で働いている接客担当が、その技術や接客スキルを競い合うコンクールのこと。最優秀者に輝いた場合、特別な制服が支給されたり、他の店舗へ接客研修の指導に赴いたりと言った、一歩先の接客スタッフとして働けるようになります。

人と関わる仕事が好きで、美しい接客を極めたいと思っている方には、ぴったりの制度ですよね。

・人材育成に力を入れたい!

自分で人材を育成してみたい、アルバイトや新入社員の教育をしてみたい!というのも働く人がもつ夢の一つでしょう。こういった夢を持っているのなら、未経験者優遇・人材育成に力を入れているといった売り込みの企業を探してみてはいかがでしょうか。

経験者だからこそ、志望PR等で「今後経験を積んでいき、ゆくゆくは即戦力となる人材を育成する仕事も勧めていきたい」といったアピールも説得力があり、そういった仕事につける可能性も高くなるかもしれません。

まとめ

面接をうける男性
いかがでしょうか。飲食店への転職というのは、比較的間口が広く常に多くの企業が人材を募集しています。
しかし、働く場所を間違えてしまうとブラック企業に入社する羽目になったり、せっかく現状の労働環境や収入を改善させるために入社したのに、今より悪い環境で働く羽目になったりといったリスクもあります。

  • 口コミや転職サイトを参考にして、ブラックでは無い企業を見極める
  • 復職・子育て支援などが豊富で社員のことを考えている姿勢が優良企業のポイント
  • 転職するには転職先で自分がやりたいことを確立して目標をもつことが大切

以上の3点をよく理解して、自分が本当にやりがいを持って働ける、環境の良い会社に転職できるように動きだしましょう。

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加