店長になりたい!飲食店の店長の仕事内容と今からできることとは

飲食店で働くのであれば、ゆくゆくは「店長」を目指したいですよね。しかし実際に、店長ってどんな仕事をしてるの?と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

今回は店長になるための心構えや、店長になった時におこなう業務の内容、そして店長業務に慣れるために今から始めたいことなど「店長になるため」のノウハウを紹介します。

店長になる前に知っておきたい心構え

仕事が多くなる

店長は、店の営業がスムーズに進むよう店舗での業務をフォローしつつ、売上や仕入れ、採用などマネージャー的な業務もおこなわなければなりません。そのため必然的に仕事量は、一般社員に比べ多くなります。

どうしたら店長業務と店舗業務を効率よくこなせるかを分析し、自分なりのタスクスケジュールを組むようにしましょう。

責任が重くなる

店長は、受け持った店のトップとして売り上げや経費の管理、アルバイトの採用などといったすべての業務を取り仕切らなければなりません。

たとえ部下に業務を割り振って任せたとしても、最終的な決断や難しい問題の解決を求められるのは店長の責務。一般社員として働いていた頃より、責任は重くなります。

やりがいを感じる

店長は仕事量も増え、業務上の責任も重くなりますが、自分がイメージした店作りが成功し、意欲的なスタッフを揃え、業績が目標に達したときの充実感や満足感は計り知れません。

店長とは、一国一城の主のようなもの。店全体の動きを俯瞰して見れるようにすることが必要です。

経営を学んで、生きた知識となる

今はさまざまな参考書や講座が用意されているので、アルバイトや社員として働いている時でも、経営に関する基礎的な知識は簡単に学べます。

しかし実際に営業をおこなっている店舗の経営を学べる機会は、めったにありません。
店長は日々の売上目標や経費・仕入れなどのバランス、人件費などお店の営業に関わるさまざまなお金の動きを分析し、利益を上げる経営方法が求められます。

実践で経験を身につける

店舗を運営するにあたって、マニュアルや教わったことだけをすればいいとは限りません。
経営者として実際の店舗経営に携わることで身につく生きた知識は、その後のキャリアアップで役立つはずです。

人を育てる喜びを感じる

店長は店舗をまとめるリーダーですが、一人で店の営業をおこなうことはできません。基本的には一般社員を含め、アルバイトやパートなどの従業員で構成されることが多いです。
彼らが自分の仕事を責任もって全うすることで営業がスムーズに進み、利益を生む店舗となります。

はじめて飲食店に勤務する人は、最初のうちはミスも多く店長が研修や教育・フォローをしていかなければなりません。時には叱責することも必要。

新人が一人前になり、立派に業務をこなしている姿を見た時、それは目標の売上が達成した時以上に喜びを感じるはずです。

店長の仕事内容とは?一部ご紹介!

勉強するサラリーマン

ここで、店長の仕事内容を一部ご紹介します。
店長になる前からできることはたくさんあるので、積極的におこないましょう。

売上管理

店長は受け持った店の売上や利益に関する計画や計算・労務管理などを、一手に任される役職です。

店の売上や原価はもちろん、そこから算出される利益率やFL比率・回転率などの専門的な数値もしっかりチェックして経営をおこなわなければいけません。

基礎知識を身につけておく

こういった売上管理と呼ばれる業務は、業務をこなすために専門用語についての知識を得ることから始まります。

本屋などには経営の初歩的な知識をまとめているハウツー本などが沢山あるので、店長になった時、話においていかれないように、あらかじめ基礎知識を身につけておくといいですね。

また、下記記事では売上管理やその他知識についてまとめています。初歩的な知識を身に着けたいと考えている方は、ぜひ一読ください。

飲食店の売上管理はコレがオススメ!目的から効率を上げる方法までご紹介

バイトの採用

アルバイト募集した時、候補者の面接をおこない、採用の可否を決めるのも店長の仕事です。
せっかくアルバイトを雇うのですから、能力が高く、長く続けてくれる有能なスタッフや未経験でもやる気のある人を探したいですよね。

見極める力が必要

そのためには面接の短い時間と提出書類によって、応募者がどのような人物なのかを見極める分析力が重要です。

店舗内の人間関係を把握して、次に雇うとしたらどんなタイプの人を雇うと人間関係が円滑になるかな?など、イメージトレーニングをしておくのも効果的です。

シフトの調整

飲食店は「土日は休み」などの固定休ではなく、シフト制のところがほとんどです。店長や責任者が従業員の希望を元にシフトを組み、ホールスタッフとキッチンスタッフの人員が偏ったり極端に少ない日がでたりしないように調整します。

シフト調節は一見簡単に見えますが、案外難しい仕事です。
たとえば学生バイトが多い店舗では、テストの時期に人手が足りなくなってしまう可能性があります。

その他にも希望を聞いていたのに忘れてしまって、シフトを入れてしまう等のトラブルが発生すると、従業員からの信頼が損なわれてしまうでしょう。

実際に経験させてもらおう!

シフト管理の業務は、ある程度責任のある立場になれば、店長の代行でマネージャーやマネージャー候補がおこなうこともあります。
積極的に「シフト管理をやらせてください」と打診し、シフトを調節するスキルを身につけておきましょう。

最終チェックを店長に任せられるうちにたくさん経験しておいた方が、いざ自分が店長になった時、効率的にシフト調整できるようになるでしょう。

シフト調整は人件費をマネジメントするうえで大切な知識です。これから実践に移される方は、下記の記事を参考にしてみてください。

【基礎編】飲食店の人件費ってどれくらい?知っておきたい計算方法

発注

材料や飲料の発注も店長の大切な仕事です。
現場であるキッチンの要望と、経営面からみた店長の希望をすりあわせながら、何をどのくらい発注するかを決めます。

専門知識を身につける

発注業務をおこなうためには、原価と人件費と売上を表した、FLコストや原価計算などの知識が必要です。

最初は専門知識を身につけながら、店長の発注業務に立ち合わせてもらってはいかがでしょうか。
はじめは何をしているのかわからなくても、繰り返し発注に触れることで、店長が何を意識して発注量や発注金額を決めているのか見えてくるはずです。

クレーム対応

一般社員やアルバイトとして働いている頃は、クレームが来ても最終的な判断は店の責任者に指示を仰いでいましたよね。店長は、その指示を仰がれる立場です。

クレームの原因は何なのか、悪質なクレーマーではないのか、どのような謝罪やお詫びをすれば、お客様と店や会社のためになるのか等を冷静に判断しなければいけません。

さらにクレームを受けた部下やアルバイトに対して、適切な指導やアフターフォローも欠かせません。

自分だったらどうするかを考えよう

自分が働いていてクレームがあった時に「いずれは自分が対処しなければならない」という気持ちを持ち、店長がどのような対応をするのか、社員に対するケアや指導の内容などを観察しておきましょう。

真似したいと思った方法は、クレーム内容と対処法をセットにして手帳などに残しておくと、将来自分が同じクレームを受けた時、正しい対応ができるはずです。

店長になると年収も上がる?

飲食業界の中からレストラン・ファーストフード・居酒屋の3業態における店長の平均年収を見てみましょう。
転職サイトや就職情報サイトを元に、店長の平均年収を独自調査してみました。

  • レストラン…330~360万円
  • ファーストフード…250~350万円
  • 居酒屋…350~420万円

飲食業界の20~30代平均年収は240~300万円程度といわれているので、やはり店長という役職が就くことで平均年収も高くなる傾向にあるようですね。

(2018年1月調査)

まとめ

指をさす男性会社員

飲食店業界において最初の目標にもなりうる「店長」は、業界でのキャリアアップを図るには外せない通過点のひとつです。

店長となり店舗の業績を上げることで、その上にあるエリアマネージャーや統括マネージャーなど管理職への道が切り開かれていきます。

  • 店長としての心構えを知り、心の準備をしておく
  • 店長がどんな業務をしているのか把握し、今からできることをしておく
  • 自分の能力を認めてもらえるように今の仕事を全力でおこなう

この3点に注意しながら店舗を盛り上げて、実績をあげていくことが大切です。
○○年以内に店長になるぞ!などの目標をたてて、その目標に向かってまい進していきましょう。

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加