飲食店はこまめな掃除が大切!場所別にキレイにしたいポイントを解説

机を拭く

「飲食店は掃除が命!」と言っても過言ではないほど、店内の清潔感が売上や集客率に大きく影響します。掃除は、どのような点に着目すると効果的なのでしょうか?

今回は、掃除のポイントを場所別に解説していきます。

フロア編

フロアは、「お店全体の印象」を左右する重要な場所です。必ず目にする部分だからこそ、日頃から掃除を行うことで、常に清潔を保ちたいですね。

床掃除

「床は足元だから、あまり見ないだろう……。」と考えてはいけません。お店の方針やテーマによって演出したい雰囲気は異なりますが、どのようなお店であろうと、床が汚れていたら清潔感が損なわれ、お客様の食欲や来店意欲も低下させてしまいます。

常にゴミ一つ落ちていない環境を整え、足跡や靴が擦れた跡などがないよう、営業前やお客様が少ない時間帯にモップ掛けなどの丁寧な清掃を心がけましょう。

床掃除の注意点

営業中に床掃除をする場合、お客様がお食事をされているお席周辺は控えましょう。雨の日は店内の床が濡れて滑りやすくなるので、お客様の安全確保が必要です。こまめにモップで水気を拭き取り、「スリップ注意」のプレートを立てて注意を促すといいですね。

机掃除

テーブルはお客様の利用時間がもっとも長く、食事をする場所です。机掃除のポイントは、汚れが一つもなく、清潔であること。机に触ったとき、ぬるぬるしていたりゴミが落ちていたりすると、「このお店大丈夫かな?」「汚いところで食事したくないな……」と不信感が湧いてしまいます。

どんなに忙しい営業中でも、お座席周辺の環境は常に清潔に保ちましょう。机の上はもちろん、机の縁の部分の拭き掃除も忘れてはいけません。

細かいところまで気を配ろう

テーブルセットをするときは、メニューの向きや紙ナプキンなどのコンディメントの向きも揃えましょう。乱雑に置かれていると、どんなに清潔に掃除していても、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

メニューはベタベタしている部分がないように、きれいに拭き上げ、お客様の目に付きやすい場所にセットします。清潔で整頓されたスペースを提供できるよう、意識して取り組みましょう。

キッチン編

扉の掃除
お客様に提供する食事を作るキッチンは、食材を直に扱う場所なので、日頃からの徹底した掃除が欠かせません。異物混入食中毒を防ぐためにも、入念に掃除して常に清潔な環境を保つことを意識しましょう。

排水口

排水口に汚れがたまってしまうと、臭いの原因や虫が発生するなど衛生的な問題も出てきます。また、排水口が詰まり始めると、水の流れも悪くなり、作業効率が落ちるデメリットもあります。

定期的に排水口周りのゴミを取り除き、排水口の中も専用の洗剤を使って、掃除を行いましょう。

グリストラップ

グリストラップとは、主に床下に設置されている装置で、排水中の油やゴミがそのまま流れてしまわないように、分離・回収する機能があります。ここには、たくさんの油とゴミがたまるので、放置すると悪臭の原因になってしまいます。

また、ゴミがたまると水の流れも悪くなるので、作業効率も悪くなります。定期的にグリストラップを開けて、たまったゴミを回収し、洗浄しましょう。

冷蔵庫

冷蔵庫は食材を保管する厨房の心臓部分なので、徹底的に掃除を行い、清潔な状態を保ちましょう。冷蔵庫は営業中に何度も開け閉めするため、冷気が逃げて水滴が発生してしまいます。その水滴を放っておくと、カビの原因や臭いの発生につながるので、日々の清掃でしっかり拭きあげることを忘れずに。

ドアのゴムパッキンや、ファン周りなどは水滴が溜まりやすいので、こまめに点検・掃除しておくといいですね。

トイレ編

飲食店のトイレのきれいさは、お客様からの評価に直結します。日頃からトイレ掃除をこまめに行い、清潔に保っているお店は、お店全体の雰囲気も清潔で居心地が良いものです。

トイレットペーパーの補充

トイレットペーパーが、満タンに補充されていることを確認しましょう。見落としがちですが、ペーパーホルダーの蓋部分の指紋汚れもきれいに拭き取り、快適にお使い頂けるよう心がけましょう。

使用中のトイレットペーパーを三角折りにしておくと、取りやすく、見た目も美しいですね。

臭い対策

食事をする場所なので、トイレが臭うと食欲も奪われ、お店に対する信用までも失うかもしれません。掃除をするときに、便器の縁の部分や、便座の裏など、汚れが溜まりそうな部分は入念に掃除しましょう。

便器周りの床汚れも意外と臭いの原因になるので、営業前にモップがけし、営業中も除菌スプレーといったアイテムを使ってこまめに拭くといいですね。

芳香剤は量に注意!

臭い対策といって、芳香スプレーを大量に撒いてはいけません。「芳香」は、料理の匂いを邪魔してしまうので、ほのかに香る程度の「適度な量」を使用しましょう。

お店の外編

店内の掃除も大切ですが、「お客様が抱くお店の印象」はお店の外観からすでに始まっています。お客様に気持ち良く利用していただくためにも、お店周りの環境も整えましょう。

お店の前

お店の正面や入り口は、「お店の顔」となる重要なポイントです。店内を磨き上げてきれいにしていても、入り口が散らかっていると来店意欲が低迷し、客足が遠のく原因になります。

お客様をお迎えする入り口は、営業中もこまめにチェックし、常にきれいにしておくことを心がけましょう。

お店の外のガラス

お店のガラスから見える内観は、外からお店を宣伝する大切な景色です。指紋や雨跡、油汚れなどがついていると、メンテナンスが行き届いていないと思われ、好感度が下がってしまいます。

必ず営業前には窓全体をきれいに拭きあげ、いつもお店の前を通る人の視線を集めるような窓ガラスを心がけましょう。

店内清掃で心もピカピカに!

ダスターを持つ店員
  • フロアはお客様が快適にお食事できる環境にしよう
  • キッチンは清潔第一!
  • トイレ、お店周りのメンテナンスも忘れずに!

飲食店は、食の安全と食事が楽しめる空間を保つことが欠かせません。オープン前にしかできない掃除や、営業中に手が空いたときにできる掃除など、計画的に掃除を行い、汚れをためないようにしましょう。