飲食店のバイトは本当にきついの?大変なこととやりがいをご紹介!

飲食店の店内

飲食店のアルバイトはやりがいがあるものですが、同時にきついと感じることもありますよね。ずっと同じ仕事を続けられている人は、その仕事をしている中でも大きなやりがいを見つけています。
そこで今回は、飲食店のアルバイトでつらい、きついと感じる瞬間とそれを改善する方法、つらいことやきついことなど以上に感じられるやりがいについて解説します。

ホールがきつい理由

飲食店のホールスタッフはお客様への接客やレジなど店のメインに立つ仕事内容が多く、目立つ仕事でもあるため「きついなあ」と感じることも少なくありません。
ホールスタッフで働く人が、仕事がきついと感じるのはどんなときなのか、チェックしてみましょう。

理由その1:覚えることが多い

飲食店のホールアルバイトでは、お客様にオーダーを聞いて料理を持って行くだけが仕事ではありません。お皿をさげたりテーブルを片付けたりといった仕事をこなし、その他にもレジ会計やオススメ商品の紹介など、幅広い業務を担わなければなりません。

たくさんの仕事を覚えながら、お客様に感じよく接客するのは大変ですよね。そのため、接客業に慣れていない人は「きつい」と感じることが多いようです。

経験を積もう!

知らないことを覚えるのは大変なことですが、いずれは自然と身体が動くようになるもの。仕事に慣れていけば、効率的に働けるようになるはずです。

理由その2:クレームを受ける

人によっては、辞めてしまいたいと思うほどのダメージを受けることもあるクレーム。
自分がお客様に失礼なことをしてしまった場合はきちんと謝罪しなければいけませんが、中には店や従業員に非がないにもかかわらず理不尽なクレームをつけるクレーマーも存在します。

そういった相手に接していると、ストレスを感じて「仕事がきつい」と感じてしまうこともあるでしょう。

クレームから学ぼう!

もしクレームを受けてしまった場合、その原因は何だったのか、自分に改善できる部分あるのかをよく思い返してみましょう。反省することは、自分が成長できるチャンスです。

クレームで落ち込むのではなく、今後同じミスを犯さないように気を引き締める機会だと思えば「きつい」という気持ちも軽減されるのではないでしょうか。

キッチンがつらい理由

飲食店のキッチンアルバイトは安心で安全な衛生環境を保ちながら、手際良よく料理を作りお客様に提供しなければなりません。そのためキッチンアルバイトがつらいと感じる理由は、仕事の効率や手際などの面に多く挙げられる傾向があるようです。

それではキッチン業務がつらい、と思われる理由を見ていきましょう。

理由その1:覚えることが多い

飲食店のキッチンでは、その店で提供しているすべての料理を作っています。そのため、最初のうちは食材の仕込みや盛りつけ、調理方法など、覚えることが多いです。

このことから、キッチンスタッフは覚えることが多くてつらいと思われてしまいがちですが、
キッチンには正しい料理を作るためのマニュアルが完備されてるケースがほとんど。すぐに全部の料理や手順を覚えられなくても、仕事に慣れて徐々に必要な仕事を覚えていけば「つらい」という気持ちも軽減されるでしょう。

理由その2:手際よくできない

キッチンの仕事は手際のよさが大切です。さまざまな作業を並行しておこなうので、慣れていないと慌ててしてしまうこともあるでしょう。手際のいい先輩アルバイトの姿を見ていると、役に立てない自分が恥ずかしくて「つらい」と感じるかもしれません。

しかし最初はみんな未経験。手際良く仕事をしている先輩たちも、経験を重ねることでスムーズに仕事ができようになりました。
最初のうちは勉強する気持ちで先輩の手伝いをして、徐々に手際のいい動きを学んでいきましょう。

つらいことだけじゃない!

テーブルを拭く手

飲食店のアルバイトには色々なきついことやつらいことがあります。しかし勤務しているうちに克服できることも多く、つらい状態がずっと続くわけではありません。
仕事に慣れて冷静に働けるようになる頃には、やりがいや楽しさの方が強く感じられるようになるはずです。

バイト先で友達ができる

飲食店ではさまざまな立場、年齢層の人が働いています。とくにファーストフード店やファミレスなどは若い学生から夢を追うフリーター、主婦の方まで普段は出会えない人と友達になるチャンスも多く訪れるでしょう。

学校で一緒に勉強している友達も大切ですが、一つの店で力を合わせて働く戦友のような友達は生涯の宝物になるはず。飲食店のアルバイトは世代を越えて気の合う親友を見つけられる絶好の機会になるでしょう。

料理が上達する

飲食店のアルバイトで得られる能力の代表的なものが、料理スキルです。
大規模チェーンのファーストフード店や居酒屋では、決まったことをやるだけでスキルなんて身につかないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

チェーン店ではマニュアルがきちんと整っており、未経験者にも料理の基礎や食材の扱い方、衛生管理をしっかりと研修してくれます。普通に過ごしていると適当にしてしまいがちな基礎知識を学べるので、料理に対する正しい姿勢が自然と身につき、料理スキルの上達につながるでしょう。

コミュニケーション能力が向上する

飲食店でのアルバイトでは、来店退店のご案内からオーダー、会計、その他料理や商品の提案まで、仕事中のほとんどを人と関わって過ごします。未経験の方は接客がうまくできるかな、と不安に感じるかもしれません。

しかしどんなことでも根気よく努力を続けていけば必ず上達します。飲食店で接客業務を続けていれば、仕事で必要なビジネスコミュニケーションスキルはもちろん、プライベートでのコミュニケーション能力も向上していくでしょう。

気づいたら自分にファンができていることも

接客、キッチンそれぞれに可能性はありますが、気づいたら自分にファンができているケースもあります。調理であれば美味しい料理を作ってくれるから、接客であればより良い食事の時間にしてくれるからという理由で、自分を目当てに来店してくれるケースも。

「◯◯さんがいるから来ちゃった!」「◯◯さんが作るアレが食べたくて!」と言われた日には、モチベーションが上がること間違い無しですね!

飲食店アルバイトにはきついこと以上にやりがいがある!

四葉のクローバーと空

飲食店のスタッフはつらいこともありますが、その分楽しいこともたくさんあります。

  • 飲食店ホールスタッフは業務内容の幅広さやクレームがきつい
  • 飲食店キッチンスタッフは作業の多さや手際を求められることがつらい
  • 仲間と出会える、料理やコミュニケーションスキルが上がるなどつらいことよりも嬉しいことの方が多い

今回の記事では、上記のような飲食店アルバイトのきつい点、嬉しい点について解説しました。アルバイトがきついと感じている方は、その理由を考え改善するにはどうしたらいいか分析してみましょう。

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加