飲食店に向いていないと思うけど続けたい方必見!あなたのための課題解決方法とは

飲食店の働き方で悩む男性

飲食店で仕事をしている時にミスをしてしまい「自分はこの仕事は向いていないんじゃないか…」
このように考えたことはありませんか!?

仕事をしていればミスは誰もが経験する壁。現在、飲食業界の第一線で活躍している方もそんな壁を乗り越え、一人前になり様々な仕事をするようになることが多いかと思います。
今回は、そんな方のために「明らかに向いていない人の特徴」と「よくある失敗とその対処法」さらにどうすれば失敗しないかをご紹介していきます。

失敗ばかりだと仕事を楽しめないので、楽しくカッコよくスマートに働いていきましょう!

 

明らかに向いていない人の特徴5選

人は千差万別、色々なタイプがいます。だからこそ向き不向きというものがあり、どう考えても飲食店に向いていないという人もいるでしょう。

おそらく、現在働いている人で該当する方はいないかと思いますが、
残念ながら飲食店には向いていないという人の特徴を5つご紹介します。

1.そもそも人と話すのが嫌い

飲食店とは、店員同士もお客様に対しても人と話すことが多い職業です。人とコミュニケーションを取ることが苦手で上手く話せない人や、おしゃべりが嫌いな人は飲食店にはあまり向いていないと言えるでしょう。

2.仕事で誰かを喜ばせたいと思ったことが無い

自分の接客サービスで、相手が嬉しいと感じる。それは一見、誰もが求める成果かもしれません。しかし、中には相手が喜んでいたところで、何も感じないというタイプも存在します。自分のサービスを通してお客様に喜んでただいても何も感じない方は、人の喜びありきの接客業ではやりがいを感じられないかもしれません。

3.食べ物を扱う仕事が嫌い

食べ物を扱う仕事に対して苦手意識を抱いている場合、飲食店は働きづらい職場です。行動や自分自身を衛生的に保ち続けることにプレッシャーを感じたり、料理が嫌い、という人は食べ物に対して真剣に接する気持ちを持てなくなってしまうかもしれません。そういった場合には、食に携わらない仕事を探してみましょう。

4.チームワークが必要な作業が嫌い

飲食店の仕事はホールスタッフ同士や、キッチンスタッフ間などチームワークが必須となります。みんなで一丸となってお店を営業していくのですから、仲間同士で連携を取らなければスムーズに業務を遂行することはできません。
もし自分が団体行動より個人行動の方が向いている、と感じているならば黙々と作業ができる職人的な仕事を探してみましょう

改善できる失敗ポイント3選

やるに満ち溢れた男性

仕事をしているうえで、失敗をしてしまうというのは避けて通れないもの。しかし、失敗の中には自分の意識を変えることで改善し、失敗を無くすことができるものも存在します。
特に以下の3つの失敗は考え方で改善しやすいものなので、当てはまる方は一度自分の仕事中の意識を変えてみましょう。

1.焦って失敗してしまう

焦りというのは、自信の無さから生まれることが多くなっています。作業に対して自信が無いと、焦りが生まれ本来は上手くできることでも失敗し、ますます自信が無くなるという悪循環に陥ってしまうケースが多いです。

焦りがもとで失敗してしまう場合には、まず同じ作業で成功した時のことを思い返してみましょう。正しく作業を行えた時というのは、同じ流れで作業を進めているはずです。そのパターンを良く分析して、次に行う行動を予測できるようにしましょう。
これをやったから、次はこれをやれば間違いないと自信をもって行動できれば、失敗も減ってくるはずです。

2.作業を忘れがちになる

行う作業が沢山ありすぎて、頭の中がいっぱいになってしまうと優先順位の低い作業を忘れてしまうこともあります。

自分が行わなければいけない作業を、まず時間がかかる作業と、時間がかからない作業に分類してみましょう。
そして、同時に行う作業は最大2つまでに設定します。この時、組み合わせる作業を時間のかからない作業と時間のかかる作業1つずつにすればどちらかを忘れてしまうといったミスも減ってきます。

▼それでも終わらない場合は……

他の方法としては、「一つの作業を完全に終わらせてから次の作業に移る」という方法です。
作業が終わらない方の特徴として、一つの作業が終わらないうちに次の作業にも取り掛かって
先に始めていた作業も後に始めた作業も中途半端に終わるというケースです。

同時に作業をしなければいけないことが多いのが、少人数制の飲食店の特徴ですが、作業効率がいい人でも同時に抱えられる作業は限られています。
まずは優先順位が高いものを確実に終わらせつつ、整理しながら作業を着実にこなしていきましょう。

3.ナチュラルな笑顔が作れない

友達と遊んでいる時にはとても自然に笑えるのに、接客でお客様と向き合うとなぜか自然に笑顔が作れない!という方は実は少なくありません。
業務に対する緊張や、お客様に何か迷惑をかけたらどうしようという心配が顔に現れてしまうのかも知れませんが、ひきつった笑顔はお客様のことを不安にさせてしまいます。

作り笑顔というと、何となく胡散臭いイメージを持つかもしれませんが接客において必要なのは、ナチュラルで自然な作り笑顔です。
相手を安心させる笑顔というのは練習で作り上げることができるもの。動画で分かりやすく解説しているものがあるので、参考にして素敵な笑顔を手に入れてください。

笑顔トレーニング動画1:親子で笑顔トレーニング (楽しい育児実践会)

笑顔トレーニング動画1:笑顔の作り方♪笑顔を練習する時のポイント

向いている人の特徴4選

「飲食業で働くのに向いている人」というのはどのような人なのでしょうか。
向いていないかもしれない…と悩んでいる方は、「反対に向いている」「働きやすい」という人の特徴をチェックして、どうしたら自分が同じようになれるかの参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.接客で喜んでもらえると自分も嬉しい

ご来店いただいたお客様に対して、接客で喜んでもらえることが嬉しいと感じる人は、飲食店勤務に向いているタイプです。自分が提供したサービスに満足し、楽しんでいる相手の姿を見ることにやりがいや喜びを感じることで、より高度な接客技術を身につけ、その喜びを感じたいという向上心が生まれます。
すると、働いている間にどんどんスキルアップし、パート・アルバイトだったとしても店舗に無くてはならない存在となれるのです。

2.美味しいと言ってもらえるとやりがいを感じる

キッチンスタッフならば、「おいしい」という感想にやりがいを感じる人の方が飲食店に向いています。決められたメニューを決められたレシピで作業的に作っているだけではなく、相手の喜ぶ顔を想像し、そこに楽しさを見出すことができれば一つ一つの作業も丁寧になりミスのない調理を行えるようになるでしょう。

ホールスタッフの方も同様に、お客様に美味しいと言っていただいた事実をキッチンスタッフと共有してみましょう。
キッチンスタッフと一緒に喜ぶことができた場合、飲食業界の適正があるといえます。

3.お客様と話すのが楽しい

飲食店では、決められた接客以外にもお客様とお話をする機会が多くあります。料理を選ぶ際にアドバイスを求められたり、料理や店の感想を言われたり、時には何気ない世間話が始まることもあるでしょう。そういった、人とのふれあいを楽しめる人も飲食店業務に向いているでしょう。
もともと、人と話すのが好き、人とかかわりたいと思っている人は仕事でそういった場面が訪れてもストレスなく対応することができます。話していて楽しい店員がいるお店というのはまた通いたくなるものですよね。人と話すのが好きな人は、そういったアプローチでお店の評判を上げることができるのです。

4.お客様に商品の提案をしたり、頼ってもらえるのが嬉しい

メニューに対して、ただ相手が決めるのを待っているのではなくおすすめ商品の提案をしたり、どんなメニューがいいか聞かれた時自分の言葉で売り込むことが楽しいと感じる、セールスマン気質を持つ方も、飲食店で活躍できる人材です。
お客様の邪魔にならない程度に商品提案できる店員がいれば、メニューの頼まれる幅も広がりさまざまな料理を提供できるようになります。そして、自分では考えてもいなかったメニューをすすめられ食べた時に、お客様が美味しいと感じたら、お店に対するイメージも大幅にあがることでしょう。

改善の余地がある方のためにおすすめしたいポイント

1.どうすればお客様に喜んでいただけるかを突き詰める

お客様に喜んでいただけるようにするには、まず自分が何をされたら嬉しいかを考えましょう。自分が飲食店で食事をしているとき、思わず店員さんに「ありがとう」と伝えたくなる場面を想像し、その通りに接客するのです。

マニュアルがあるからその通りにすればいい、というだけではなく相手の喜ぶ顔を想像し、接客マナーは守りながらも、自分が良いと思ったオリジナリティを出すことがより良い接客を行うポイントです。

▼お礼を言われるコツをご紹介

また、お客様が満足し「ありがとう」と言いたくなる接客には、一つのコツがあります。それは、お客様が○○したいと思う前に従業員がちょうどいいタイミングで行動するというもの。例えば、お冷が空になっている時、お客様が「お水をください」というのを待ってから水を持っていくのではなく、「お冷のお代わりはいかがですか?」とこちらから先回りすることでお客様は店員を呼ぶ手間を省くことができます。このような相手の希望を先回りして読み解くことも、喜んでもらうために身につけたい技術です。

2.効率化を図るためには何をしたらいいかを極める

接客以外の業務で上手く動けない、効率的に仕事ができないと悩んでいる方は、まずどうしたら効率化を図れるか考えてみましょう。

自分が必ず行わなければならない仕事を整理して、そのために必要なものはあらかじめ自分が仕事をする場所に配置しておきましょう。パントリー内の配置を自分仕様にするだけでも、効率はぐんとアップします。とはいっても、完璧に自分仕様に変えてしまうと他に働いている人に迷惑をかけてしまうかもしれないので、周りの空気を読みながら行ってください。

さらに、自分がキッチンからお客様に料理を提供する場合や、レジにご案内する場合の動きやすい動線を確保しておくのも、店内で効率的に移動するコツです。こちらの通路はテーブル幅が狭いから動きにくい、あっちの席は角席だから料理の提供の方向が限定される、など事前にシュミレーションしておけば実際に作業を行う時スムーズに動くことができるでしょう。

まとめ

飲食店などのサービス業で働くということは、人と触れ合い仲間と助け合いながら、接客にやりがいを感じる職場に身を置くということです。

人間は誰しもがストレスを抱えてしまうものですが、もしこれらの状況に対して職場の人間関係以外に過度なストレスを感じる場合には、無理して働いていてもミスを重ねたり、精神的に追い詰められてしまう可能性もあります。自分がどうしても向いていないと感じたら、サービス職ではない別の仕事を探し転職することも大切です。

しかし、どうしても飲食店で働きたい人は、自分が向いていないと感じている部分を分析して補い、飲食店業務に慣れていくことで向いている人になる努力をすれば、いつかきっと飲食店業務に適した人材に変化できるでしょう。

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加