飲食店で働きたいけど未経験!初めての方のための職場の選び方

飲食店でのお仕事に失敗する新人

学生のころ、アルバイトの初出勤にすごく緊張したという経験はありませんか?

仕事でも遊びでも、初めての事に挑戦するときは楽しみでもあり、不安でもありますよね。
特に、仕事となると選び方から慎重になると思います。

今回は初めて飲食店で働こうと考えている方に、職場の選び方や初勤務までに知っておきたいことを解説します。

仕事は慣れるまでが大変

飲食店の仕事は、調理・お食事の提供・お会計・接客など仕事の内容が幅広く、多岐に渡ります。

お食事をスムーズに提供するだけではなく、自分の仕事をこなしながらお客様からの要望に答えなくてはならない事も多いため、さまざまな対応を求められます。
その際の優先事項の判断や対応など、慣れて身につけるところも多くあります。

大変だけど達成感を感じやすい仕事

飲食店はお客様とのやりとりが多いため、お客様から直接「ありがとう」と感謝されることもあり、やりがいを感じることが多い仕事です。
さまざまな業務がある中で、一つ一つできるようになると達成感があり、お客様や一緒に働くスタッフに成長に気付いてもらえる機会も多く、自分自身の成長を実感しやすい環境です。

また、接客マナーが身につくので社会人としてあらゆる面で役に立ちます。
コミュニケーション能力や言葉遣い、気遣いなど経験するからこそ身につく事が多くあり、自分を成長させることができます。

働いても大丈夫かどうかのチェックポイントまとめ

 
飲食店で働きたいと思っていても「本当に働いて大丈夫なのか」気になりますよね。

1.体力・健康面

飲食店は立ち仕事なため、体力も必要です。

ランチタイムやディナータイムなど、急激に忙しくなる時間帯には「次に何をするのか」先の動きまで考える必要もあるため、頭をフル回転させながら動き回ることも少なくありません。
特に長い時間勤務する場合は体力、健康面で不安がないか考えましょう。

2.手荒れ・アレルギー

飲食店では手を洗う機会が多い上に、ほとんどの場合、勤務中にハンドクリームを使用できないため手が荒れやすくなります。
また、食器の洗浄や調理器具の除菌などの水仕事を任せられる事もあり、水や洗剤に長い時間触れている事も少なくありません。肌が弱い場合、一部の食材に対する過度なアレルギーがある場合はつらいかもしれません。

3.シフトの組み方

混雑する時間帯や曜日は、お店の立地やスタッフの人数などで変わってきます。

土日に出勤が少ない、混雑する施設にある店舗は、土日の出勤が必須の場合があります。
また、ビジネス街にある店舗では平日のランチタイムが混雑するため、出勤を求められる場合があります。働けるエリアや日数が決まっている場合は、条件に合う店舗があるかなどを事前に調べるといいですね。

初日の過ごし方

お仕事を頑張る飲食店の新人
初日の出勤は一番緊張する日ですが、一番大切な日でもあります。
忘れ物をしないなど基本的な事はもちろん、どのように過ごすべきか確認しておきましょう。

メモ帳を持参する

仕事を覚えるうえでメモをとる事は重要なことです。
メモ帳を持参して細かい事もメモできるようにしておきましょう。初日は覚える事がたくさんあります。

同じ事を質問しなくて済むように大切なことは書き留め、分からなかった事や自信がない事もメモしておいて、後から確認できるようにしましょう。

人の名前を覚えて助けを呼べるようにする

一緒に働く方の名前は会ったその日に覚えるようにしましょう。

働き始めたばかりの頃は、対応できない事や、分からなくなってしまう事があるのは当然です。そんな時、お客様を待たせないため、業務に支障を出さないために、名前を覚えて助けを呼べるようにしておきましょう。

飲食店は臨機応変な対応も求められます。そのため、一緒に働く方とのチームプレーやコミュニケーションが大切です。名前を覚えて積極的にコミュニケーションをとることで、様々なことを教えてもらえるかもしれませんよ。

ポジションの役割を理解する大切さ

飲食店では食器の洗浄などの裏方、レジ・提供・調理など業種によっても様々ですが、いくつかのポジションに分かれて業務を行います。各ポジションの役割を理解しておく事も大切です。

一つのポジションでも行う業務内容は幅が広く、覚える事が沢山あります。連携して業務を行う飲食店では、どのポジションの人にお願いするべきなのか、自分の役割は何なのかを理解しておく事は重要です。

早く成長するためには

働き始めたら早く仕事を覚えて成長したいですよね。
そのためには、教えてもらった事を早く吸収するのも大切ですが、
先輩たちのやり方をよく見て考える事も大切です。

仕事に慣れている方は自分の進めやすいやり方や、コツを見つけている場合があります。
先輩たちのやり方をよく見て、何が違うのか、どんなやり方をしているのか自分なりに考えて、試行錯誤してみましょう。

優先順位をつけて仕事する

業務内容が幅広い飲食店では、次に何をするべきか、先に何をするべきなのか優先順位をつけて仕事を組み立てるのも大切です。
混雑時には指示が出ず、自分で考えて動くべき場合もあります。
普段から、先輩の動きをよく見て、優先すべき事を判断できるようにしましょう。

どうすれば仕事を早くこなせるかを考えるのも大切ですが、一番大切な事はお客様に喜んでもらえるように考えることです。自分の業務をやりながらでも、困っているお客様がいないか、何か足りていないものはないか、視野を広く持つことも大切です。

慣れるといろんな仕事ぶりが見えてくる

おいしいものに囲まれて、ニコニコの笑顔でテキパキ働く飲食店従業員の方はすてきですよね。
初めて働く場合は分からない事や大変な事も多いですが、
飲食店で一番大切な事は丁寧な接客と笑顔、ホスピタリティです。

やる気と笑顔で努力して、慣れてしまえばやりがいを感じながら楽しく働く事ができますよ。

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加