飲食店のやりがいって何?仕事が楽しいと感じる方法を解説します

飲食店のやりがいを取り戻す!

ふとしたきっかけで、今まで楽しかった仕事が、急に楽しくなくなってしまった、やりがいを感じなくなったと思う事は多くの人が経験することですよね。

同じ作業の繰り返しや代わり映えしない日々に飽きてしまう事は多くありますよね。そんな時、どうすればやりがいを取り戻せるのでしょうか。
人はどのような時にやりがいを感じるのか、やりがいを感じなくなったとき、どうすればいいのかを解説していきます。
あの時感じていたやりがいを一緒に取り戻していきましょう!

飲食業でやりがいを感じる人は、どんなところにやりがいを感じるか?

1.お客様の笑顔

接客業では、お客様の反応を目の前で見られることがいい点でもありますよね。お客様が自分が作ったものを食べて笑顔になったとき、接客したお客様が笑顔を返してくれた時やりがいを感じる人は多いようです。

2.ありがとうって言われること

「ありがとう」は、どんな時でも言われると嬉しい一言ですよね。
接客業は、お客様に喜んでもらえるサービス・接客を提供することが大きな役割です。
飲食店で働く方にとって「ありがとう」は仕事で結果を残したという「成功」のひとつだと言えます。

3.後輩を教育して、一人前になったとき

後輩の成長を見てやりがいを感じる方もいます。初めのうちは頼りなくても、教えていくうちに一人で出来る事が一づつだんだん増えていく後輩の成長は微笑ましいですよね。
仕事を覚えるために一生懸命な後輩の姿を見て初心に還り、頼られることで自分の責任感も増えていきます。

4.お店を自分のチカラで回していると感じた時

混雑時の飲食店は目まぐるしい忙しさですよね。自分が中心となってお店を回さなければいけない状況のときに、的確な指示を出せたり、一緒に働くスタッフから「ありがとう」と言われた時など、自分の力が発揮できたとき達成感や責任感を感じる事でやりがいを感じられます。

やりがいを感じる瞬間の共通点は何か?

アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグという方が提唱した「ハーズバーグの動機づけ・衛生理論」という理論があります。
これは、仕事に対する満足感を感じる(動機づけ要因)と、不満を感じる(衛生要因)の二つの要因があり、この二つの要因は全く違うものであるというものです。

衛生要因(会社への不満・職場の人間関係など)を減らしても不満が一時的に減るだけで、仕事に対する満足感には繋がらない。一時的に不満が減るだけで、またすぐ不満が生まれるとのことです。
ですが、動機づけ要因を感じる事で、仕事に対し長期的な満足感が得られるといいます。

具体的には以下の6点です。

  1. 達成感
  2. 責任感
  3. 周りからの承認
  4. 昇進
  5. 仕事への興味
  6. 自分の成長)

接客業の場合、お客様に喜んでいただくことが一つの目標ですよね。
つまり目的を達成するためにもお客様からの『ありがとう』は「達成感」を感じる瞬間であり、自分の接客が認められたという「承認」になります。

お客様からの「ありあがとう」はハードルが高い

一見簡単そうにも思えるお客様からの「ありがとう」は、実はハードルが高いものです。

お客様は食事をしながら大切な時間を過ごすために来店しています。そんな中、接客にまで気が止まらないという事が多くなります。さらにいうと、お客様からすれば当然のことです。

その中でも際立って笑顔が素敵な人、丁寧な接客をしてくれる人には目が止まり心からの「ありがとう」を伝えます。
つまり、お客様から「ありがとう」と言われることは特別な事であり、自信を持ってもいいと思います。

やりがいを感じづらくなってきたら、どうするべきか

飲食でやりがいを感じる

1.身につくスキルをあげてみる

今の仕事でどんなスキルが身につくのか書き出してみると、今までと違ったやりがいを感じられます。飲食店で学べる事、経験できる事は飲食店以外の仕事でも役立ちます。接客マナーや言葉遣い、コミュニケーション能力などは社会人として大切なスキルです。

2.どれくらい成長したか、自分があとどこまで成長できるか客観的に見てみる

自分の成長を実感することでも、やりがいを感じられます。仕事を始めたばかりころ何が苦手だったか、なにが出来なかったかを思い出し、今の自分ができる業務と比べてみると、自分の成長を実感し、今までの努力を思い出す事ができます。

3.長期・中期・短期の目標を決める

数年後など長期間かけて達成する大きな目標・資格取得など数年〜数ヶ月かけて達成する中期目標・1日〜1週間で達成する小さな短期目標を決めるのもおすすめです。

プランを立てて達成することが大切

まず「自分のお店を持つ」「会社を経営する」などの大きな目標を立て、そのために必要な費用や資格、どんな自分になっているかなど細かい事まで、より具体的な内容を書き出します。

具体的に書き出した内容から、長期目標達成までに自分がクリアするべき資格取得などの中期目標、資格の勉強を1日30分するなど達成しやすい短期目標を決める事で、どんなに大きな目標でもより現実的な目標になります。

短期目標では「10分早く出勤する」などの簡単で達成しやすい目標を繰り返しクリアしていく事で、継続的な達成感と自信につながります。

職場は職場でもあり学びの場でもある

飲食店の仕事は沢山の事を学べる場です。

今、当たり前だと思ってやっている事や考え方、対応などが実は貴重なスキルかもしれませんし、将来思いもよらない場面で役立つかもしれません。考え方や見方を変えると、今までと違ったやりがいを感じられますよ。

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加