奥様必見!飲食店勤務の旦那がいる時に考慮しなければいけないこと

旦那を気遣う主婦

飲食店で旦那が働いていて、いつも忙しそう…うちにも早く帰ってこられない…とお悩みの女性、奥様は案外少なくありません。
支えてあげたい、心配だと思う反面、どうしてそんなに忙しいのか分からないといった気持ちや実際に経験したこともあるでしょう。

今回は、飲食店勤務の男性が
どんな忙しさを抱えているのか
そんな状況で奥さんが
考慮しておきたいことは何なのかを解説したいと思います。

飲食店勤務のメリット・デメリット

旦那さんが飲食店の勤務をしている場合、忙しくて家事や育児で協力してもらえなかったという経験はありませんか?
飲食店で働く方は、育児休暇や連休などは取りづらいかもしれません。

そこで考えていきたいのが飲食店のメリット・デメリットです。
まず彼がどのようなメリット・デメリットを持って働いているのかを考えてみましょう。

実際に働いている場面を見たことが無いと、何を思って仕事をしているのか想像しずらいものですが、あらかじめ情報を知っておくことでスムーズに話をしたり、支えることができるようになります。

<メリット>

・食の最前線に触れることができる

食というのは人の三大欲に数えられるほど重要視される部分です。

三大欲求の一つである食に触れる仕事では、今世間で何が求められているかを敏感に察し生きた情報を得ることができるでしょう。

・やりがいのある仕事に従事できる

飲食店での仕事はとても忙しく、大変なことが多いものです。

しかし、過酷な状況を乗り切って店を回すという行為は非常にやりがいを感じるものです。仕事で大きな課題を乗り越えたい、難題に挑むのが好きという人にとって、これ以上なく楽しい職場となるでしょう。

・手に職をつけることができる

飲食店では一定の料理スキルや、高い水準の接客スキルなど様々なスキルを得ることができます。それだけではなく、1つの店を任されるようになれば、経営スキルや経理、マネジメント能力など他の業界でも求められるスキルも手に入るでしょう。

そういったスキルは、たとえ店が変わっても、業種が変わっても自分自身の糧になるはずです。

・平日に休みが取れる

サービス業ならではの特権ですが、福利厚生が整っている会社・店舗の場合、平日に公休を取得することができます。

育児や家事など分担できる場合があり、ローテーションで協力している家庭が多くなっています。
特に食事は、飲食店勤務の旦那を持っている奥様の特権ですよね。常に「食」と「接客サービス」を研究している方は、外食と同じレベルの専門家の食事を作ってもらえます。
”たまに”の家族サービスということでお願いしてみましょう。

<デメリット>

・体力面で衰えを感じた時、仕事に対して不安が残る

飲食店は体力仕事。出世して上の役職に就いたとしても、基本は現場を取り仕切るためにスタミナや体力がとても大切です。そのため、年齢を重ねていくに従って体力の低下を感じると、今までのように働いていけるのかという不安が発生します。

・不規則な生活で体調を崩す場合がある

長時間労働や、不規則なシフト、食生活が続く業界なので体調不良になることもあります。風邪や疲労など、ゆっくりと休めば治るものならばまだいいのですが、中には一生付きまとう生活習慣病や過労からくる大きな病気を患ってしまうケースもあります。

・給与の不満、労働環境など将来性に不安を持つ

飲食店は給与が低いという印象が強い仕事です。これは、働いている時間が長く給与が見合っていない、店長になることで残業代がつかなくなることがあるなど様々な要因がありますが、他の同年代と比べて給与が低いなと感じた時将来性に不安を感じてしまうこともあるのです。

考慮しなければいけないポイント

飲食店で働く旦那を心配する主婦

仕事編

1.帰宅時間が遅い

例え就業時間が決まっていたとしても、何かイレギュラーが発生したり忙しい時間が続くと時間通りには帰宅できないのが飲食業界です。仕事が終電ぎりぎりや深夜に及ぶこともあり、帰宅時間が遅くなってしまう日も多くなるでしょう。

みんなが寝静まった後に帰ってくるというのは寂しいものですし、待っている側も不満がたまるかもしれません。しかし、働いて疲れて帰ってくるのですから、お疲れさまという気持ちを忘れないようにしましょう。

2.土日休みは難しい

飲食店は土日や祝日、大型連休などが売り込み時となります。そのため、一般的な企業とは違い土日に定期的な休みを入れることは難しいでしょう。

用事があるときなどはシフトの調整を依頼して休ませてもらうことも可能ですが、あくまでイレギュラーの話。特に子供がいる場合イベント事は休みの日に行われることが多いため、子供に対する配慮も必要となります。

3.肉体労働がメインなので疲れて帰宅

飲食店の仕事はとにかく肉体労働です。ホールでもキッチンでも、仕事中はほとんど歩きまわっている立ち仕事ですし、重いものを持ち運びすることも多くなります。
そのため、帰ってくる頃にはへとへとに疲れ果て、家で家族の時間を持つ間もなく寝てしまうといったことも起こるでしょう。

4.シフトが不規則なことが多い

営業時間が長い飲食店では、シフトも朝から夕方、昼から夜中、深夜から明け方などまちまちになることがあります。

常に朝通勤し、夕方帰宅するというペースで働けない分、プライベートの時間を共有することができなくなることもあるでしょう。顔を合わせるタイミングが減る分、休みの日にはコミュニケーションをとれるように時間を確保できるようにしたいですね。

プレイベート編

1.連休は難しい

飲食店でのシフト調整で優先されるのは、アルバイトやパートといった非正規社員です。メンバーが足りなければ社員が連日出勤しなければ回らないということもあるでしょう。ましてや、長い連休を取るなどというのは非常に難しくなります。大型連休に家族で旅行などというのはほとんどできない、と考えてください。

どうしても連休を取りたいときには、繁忙期ではない平日に、休みを合わせるくらいの心づもりが必要です。

2.朝も早いことが多いので夜更かしはNG

例え昼から夕方から勤務する日でも、仕込みや事前準備があるため朝早く出勤しなければならないこともあります。さらに、当日になってアルバイトが来られないと連絡があったらすぐに店に出なければなりません。そのため、前日に夜遅くまで遊びに出るというのも難しくなってきます。

夫の健康を守るためにも、夜更かしをするようなスケジュールは組まないであげたいですね。

3.臨時で出勤しなければいけないこともある

飲食業界は人材不足が問題視されており、ぎりぎりの人員で店を回している場合も少なくありません。例え休みの日でも、一人病欠が出てしまえば臨時で出勤しなければならないこともあるでしょう。

休みだから出かけよう、と計画していてもそういった出勤で予定がダメになってしまうことも考慮して動かなければなりません。

飲食店勤務の旦那が助かること

忙しく働く飲食店勤務の夫に対して、妻ができることとはなんなのでしょうか。飲食店勤務の男性が、実際にしてもらって助かるな、と感じることをいくつかご紹介します。

食事の栄養バランスを整えてくれること

飲食業界は、就業時間がまちまちで食事のタイミングもずれ込んでしまうことが多くあります。それどころが、あまりに忙しいと食事を取る時間すらないかもしれません。夫の健康を維持するためには、過程でバランスのとれた食事を用意しておきましょう。また、まかないがある飲食店の場合、そこで出てくる料理ばかり食べることになる栄養が偏るので、店で出ない食材や栄養を補うメニューを考えることも大切です。

暖かく見守ってくれること

過酷な労働時間で毎日疲れきるまで働いて、やっとの思いで帰って来たのに「帰ってくるのが遅い」、「休みが取れないのはおかしい」などと責められては心を休める場所が無くなってしまいます。
例えどんなに大変そうな職場でも、夫が一生懸命やりたいと思っている仕事なのですから広い心で温かく見守ってあげましょう。そして、もしそういった生活について話し合いたいときは、相手が疲れておらず精神的に余裕があるタイミングを見てあげてください。

まとめ

一般企業では近年、女性社員の雇用促進や契約社員としての採用数の上昇、パート社員や派遣社員の活用など様々な雇用形態が増え、夫婦共働きのケースも増えてきました。

飲食店勤務の正社員は他の一般企業と比べ、家庭に関係があるデメリットや問題点なども存在します。飲食業界はその拘束時間の長さやお互いの生活リズムの違いから離婚率が高いという傾向もあるようです。しかし、その仕事は夫が選んできたもの。
結婚して、家族のため、夫婦のために一生懸命働いているのですから、なるべく相談してフォローできる部分を増やして支えあっていくことが大切です。

また、旦那さんも心の中では家族サービスをしたいと思っている男性は多いはず。口では憎まれ口を叩く旦那さんでも、味方になってくれる方には尽くしたくなるものです。
家庭内に味方がいるというだけで、仕事に対する余裕や精神的な負担は大きく軽減するかもしれませんよ!

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加