アルバイトの残業は拒否してもいいの?残業代と上手な断り方とは

時計を確認する女性

アルバイト先で頼まれる残業は、なんとなく断りづらい雰囲気でずるずると引き受け続けてしまうという人も多いのではないでしょうか。残業は会社のために必要なことですが、自分の生活リズムを崩してまで引き受ける必要はありません。

今回は残業を頼まれたときに断ってもいいのか、残業を引き受けた時の給料はどのくらいあがるのかを解説します。
参考までに残業をお願いされたときの上手な断り方もまとめましたので、断らなければいけない状況でも受けてしまう方は参考にしてください!

残業は断ってもいいの?

仕事が忙しい、人員が不足しているといった理由で就業時間を超えて仕事を頼まれる「残業」は、どんな職場でも発生する可能性があります。

事前に、「この日は○時まで残業してほしい」と頼まれることもあれば、当日になって急に「今日は○時まで働けないか?」「この仕事が終わるまで残ってほしい」と頼まれるケースもあるでしょう。

無理に引き受けなくてもOK!

会社としては業務が終わらずに困っているので、予定がなくて「もうちょっと働いてもいいかな」と思ったときは、残業を引き受けるといいですね。
しかしプライベートの予定や、家事や育児などで時間に追われている場合、私生活を犠牲にして残業を引き受ける必要はありません。
どうしても外せない用事がある場合は、残業を断っても問題ありません。

断れない場合もある!?

会社で働くときに、会社の就業規則に基づいた雇用契約を交わしますよね。契約書を交わすと、「会社の定める就業規則を守ります」と承諾したことになるので、もし労働条件に「やむ負えない場合には、労働者に時間外・休日労働を命じる場合がある」といった記述があれば、残業命令を断れない場合があります。

契約時に「時間外・休日労働に関する協定届」通称36(サブロク)協定を締結している場合も、残業を断れないことがあります。
ただし36協定によって定められた残業時間の上限は、原則1ヶ月に45時間とされているので、それ以上の残業を命じることは規約違反です。

協力的な姿勢を

とはいえ予定がある従業員に、労働契約や法律を振りかざして残業を強いるような会社は、めったに存在しません。

飲食店で残業をお願いされる時は、お客さんが予想以上に来店された時がほとんどなので、他のアルバイトやパート・社員のためにも協力できるといいですね。

残業代はいくらでるの?

労働基準法によると、従業員に週40時間・1日8時間以上の法定労働時間を超えて業務をおこなわせた場合、
25%以上の割増賃金を支払わなければならないと定められています。

ただしこれは、あくまで労働基準法が定めた法定労働時間を超過した場合にのみ限ります。会社との契約で決められた所定労働時間が法定労働時間よりも短く、残業しても超えない場合は、割増賃金が発生することはありません。

上手な断り方

謝罪の旗

それでは実際に残業を断る場合、どんな伝え方をすれば上司や会社からの印象を損なわず、お互いに良い気持ちで仕事を続けることができるのでしょうか。残業を断る時に意識したいポイントと、コツをご紹介します。

バイトが終わったら予定があることをあらかじめ伝えておく

どうしても残業ができない日は、シフトに入った段階で「バイトが終わったら○時から○○に行く予定があるんです」というよう、に自分の予定を伝えておきましょう。

そうすることで、残業を頼む上司も「この人は今日残れない」と認識してくれるので、頼まれる・断るといった余計なやり取りをしなくて済みますよね。

日頃から予定が詰まっていることをアピールしておく

残業をなるべく避けたい人は、日頃から周囲に予定が詰まっていることを事前に伝えておくのも大切。「夜は資格の勉強で学校に通っている」「もうひとつアルバイトをしていて、すぐに行かなければならない」といった予定の周知をしておくことで、「この人には残業を頼めない」という印象を持ってもらいます。

ただしあまりにも残業拒否オーラを出しすぎていると、残業をしている人から悪いイメージを持たれてしまう可能性も。予定がなくて残業できる日は「今日は残れます」と自分からアピールすることも大切です。
バイト先での円滑な人間関係のためにも、メリハリをつけたアピール力を身につけましょう。

残業を断る時には理由を正直に伝える

予定があって残業を断らなければならないときは、正直に予定があることについて説明して、申し訳ないという気持ちを込めて断りましょう。

残業を断ることに、罪悪感から適当な嘘をついてしまうと、嘘を塗り重ねなければならなくなります。
そうなってしまうと、万が一バレたときに信用できない人物だと思われてしまいます。そんなときは「申し訳ありませんが、今日は○○があって残れません。今度、残れる時にお手伝いします。」と誠実に話しましょう。

扶養控除の壁を上手に利用する

扶養に入っている人は、扶養控除の金額を上手に利用することで残業を避けられます。
「今残業すると103万円の壁を越えてしまうんです」といえば、それ以上残業を頼まれることはないでしょう。この方法は年のはじめよりも、年末に近い時期の方が有効ですね。

まとめ

レストランのテーブル席

今回の記事では、アルバイトをしている人が気になる残業の基礎知識や断り方について解説しました。

  • 残業は断ることも可能だが、就業規則に記載がある場合、拒否できない場合もある
  • 残業代は法定労働時間(1週間40時間・1日8時間)以上働いた場合にのみ発生する
  • 断る時は正直に理由を告げることと、できる時は残業を受け入れることが円滑な職場環境の秘訣

プライベートの事情で残業を断ってもいいですが、断り続けるのではなく、自分が残れる日には人の残業を変わってあげるなどの気遣いを忘れないようにしましょう。自分が残業を頼まれて困ったときに、他の人が助けてくれるはずです。

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加