バイトの応募は友達と一緒でもOK?メリットとデメリットとは

友達と一緒に料理をする男性

求人募集を出しているバイト先の中には、「友達と応募可能」と記載されているところも少なくありません。実際に、友達と一緒のバイトに応募すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、友達と一緒にバイトの応募をする際に発生するメリットやデメリット、気をつけたいポイントをご紹介します。

バイトは友達と一緒に応募してもいいの?

働きやすさは時給と同じくらい大切なもの。友達と一緒に働けるのであれば問題はありませんが、「友達と一緒のバイト」と聞くと、一緒にバイトの応募をしてもいいの?と疑問に思いますよね。友達同士での応募を歓迎している店舗もあれば、友達同士だと採用されづらい店舗もあります。

ではいったい、友達と一緒に応募できるアルバイト先かどうかはどうすれば分かるのでしょうか?

OKと記載があれば良い!

友達と一緒に応募してもいいアルバイト募集の場合、求人情報に「友達と一緒に応募OK」といった記載があります。同じ店舗で3人以上のアルバイトを募集しているときに、記載されていることが多いようです。働く日を友達と合わせたい場合、その旨を応募先に伝えておくことで、面接やシフトの日程調整がスムーズになります。

豊昇の場合、多くの店舗が「友達と一緒の募集OK」です。仲良しの友人と同じ職場で働きたいと考えている方は、豊昇マクドナルドのアルバイトを検討してみましょう。

応募するときに聞いてみよう!

「友達と一緒でOK」の記載がない場合は、友達と一緒に応募してはいけないのでしょうか?この場合、「欲しい時間帯に2人以上の応募枠が確保されている」店舗であれば、友達と一緒に応募することも不可能ではありません。

しかし、友達同士は勤務に支障が発生する可能性があるといった考えで、積極的に採用していないケースもあります。問い合わせの段階で、「友達と一緒に応募しても平気ですか?」と確認してみましょう。

友達と一緒に応募するときのメリットとデメリット

談笑する男女グループ

友達と一緒のアルバイト先で働くためには、「楽しそうだから」という気持ちですぐに応募するのは早計です。メリットやデメリットを理解したうえで、よく話し合ってから一緒に応募するかを決めましょう。

メリット

友達と一緒にアルバイト応募する大きなメリットは、
慣れない職場に知っている人がいるという安心感が得られる点でしょう。突然誰も知らないところでアルバイトをするのは緊張するものです。しかし、仲の良い友達が一緒に働いていれば安心感が強く、お店にも馴染みやすくなるでしょう。

他にも、同じ店舗内で友達を増やしやすいというメリットがあります。一人の場合、すでに仲の良い雰囲気の職場の仲間に話しかけるのは勇気がいりますが、友達と一緒なら先輩や同じシフトの同僚にも話しかけやすくなりますよね。友達と一緒に働くことで、貴重な社会経験だけではなく、かけがえのない仲間を得られるでしょう。

デメリット

友達と一緒に応募するときには、デメリットも存在します。
例えば、応募人数が多い場合には一人だけ採用されて一人だけ不採用になってしまい、結果的に一緒に働けないというケースもあります。友達と一緒に応募する場合は、1人しか採用されないケースもあることについて、事前によく話し合っておきましょう。

また、例え2人とも採用されたとしても、別のシフトで働く可能性もあります。一緒の時間帯に働けないときに、どうするかも話し合っておくことで、スムーズにシフトを決められるようにしましょう。

応募するときの注意点

友達と同じバイトに応募するときに、気をつけておきたい注意点がいくつかあります。採用されたお店で長く、良い関係を築きながら働くために以下のことに注意して応募しましょう。

仕事だということを忘れずに!

友達と一緒に働けると思うと、つい学校の延長な学生気分になってしまうかもしれません。しかし、アルバイトはお金をもらって働く立派な仕事です。業務についている間は、お互いに適度な距離を持って接しましょう。

もちろん、休憩時間が被ったときなどは楽しくおしゃべりしていても問題ありません。メリハリを忘れず、仕事に取り組みましょう。

自分たちの希望を主張しすぎない!

同じ職場で友達と働いていると、「休みを合わせたい」「シフトを合わせたい」など色々な事情があるでしょう。しかし、自分たちの希望を主張しすぎると店舗でのシフト管理が上手く回らず、周囲に迷惑をかけてしまう場合があります。

「シフトは合わせたいけど週に1回で良い」など妥協点を見つけて話し合い、店側とも友達とも良い関係を築いていきましょう。

友達と一緒に充実したバイト生活を送ろう

友達とPCで仕事中

https://www.photo-ac.com/main/detail/1597679

  • 「友達と募集OK」等の記載がある求人を選ぼう!
  • 友達が一緒だと仲間と打ち解けやすく緊張しづらいというメリットがある
  • 仕事だという意識を持って働こう!

今回は、バイトの募集を友達と一緒にする場合のメリットやデメリットについて解説しました。
友達と一緒のアルバイトは想像するだけで楽しそうですが、仕事をしているという意識を忘れず、お互いに切磋琢磨してアルバイト生活を送りましょう。

また、同じスタッフとして働いていくうちに仲間意識が芽生えてくるもの。楽しい職場で働きたい、社会人経験を積みたいなどの考えがあれば、アルバイトはとても合っています。まずは思い切って、話を聞いてみるという気持ちで応募してみるのもいいかもしれませんね。