アルバイトの見つけ方は?自分にぴったりな職場を見つけよう!

スマートフォンと街並み

アルバイト先を見つけるために、まずは企業が出している求人募集の情報を手に入れなければなりません。でもアルバイトの求人情報誌はたくさんあるし、掲載されているお店も多くて自分にあったバイト先を探すのは大変ですよね。

ではどういったポイントに注意して、バイト先を探せばいいのでしょうか。今回はアルバイト先の見つけ方や、アルバイト先を選ぶときの基本的な条件などをご紹介します。

アルバイト先はどこで探す?

アルバイトを始めるには、自分に合った職場を見つけなければなりません。探す媒体によって違った特徴があり、得られるメリットも異なるので自分に合った方法でアルバイト先を探しましょう。

アルバイトの探し方1:求人サイトで探す

もっとも定番なのが、求人サイトを利用して探す方法。授業の合間や通勤時間など、ちょっとしたスキマ時間で手軽に探せるので、多くの選択肢の中から選びたいという方にオススメです。

求人サイトは勤務地やシフトの希望時間、職種などを絞り込んでから検索できるので、本当に探している情報だけを得られるでしょう。インターネットの情報は更新が早く、
常に最新情報を掲載しているため「申し込んだら応募が終わっていた」というタイムラグが発生しにくいこともポイントです。

アルバイトの探し方2:フリーペーパーから探す

駅構内やコンビニ、スーパーなどに置かれている求人のフリーペーパーもオススメ。インターネットの求人サイトではなく、フリーペーパーにしかアルバイト応募の記事を載せない会社も存在します。

アルバイトを探しているときにフリーペーパーを見つけたら、とりあえずもらっておいて、家でゆっくりできる時間に読んでみましょう。

アルバイトの探し方3:地元紙から探す

地域が発行している地元の求人情報を扱った冊子などにも、アルバイト募集の記事が載っている場合があります。地元情報誌だからこそ地元周辺のお店が募集を載せていることが多いので、自分の住んでいる場所の近くで働きたいという人にオススメの探し方です。

地元の情報誌には、大手の求人サイトには掲載していない個人経営のお店が掲載している場合が多いので、アットホームな雰囲気で働きたい方は定期的にチェックしてみましょう。

アルバイトの探し方4:学校にきた求人から探す

大学生の場合、学校の学生課に張り出される求人情報も、アルバイト先を探すには便利な方法です。学生課に寄せられる求人情報は、通常のアルバイト以外にも家庭教師や試験監督など、学生という立場を活かせる仕事内容が多いです。

たくさんの経験をして見聞を広げたいという方は学生課の掲示板をのぞいてみましょう。学校によっては学生向けの会員サイトで募集をおこなっている場合もあるようです。

アルバイトを探す際に注意しておきたい条件とは?

アルバイト先の制服を着る女性

上記のようにアルバイトを探す方法はさまざまですが、その中から応募先を選ぶのは自分自身です。自分がどんなアルバイトをしたいのか、譲れない条件は何なのかを事前に決定し、探すときの選択がぶれないようにしておきましょう。

注意すべき条件1:立地

アルバイト先の立地は長く働く上で重要なポイントですよね。
自分の行動範囲とまったく異なる場所を選んでしまうと、通勤がストレスになってしまう可能があります。通っている学校の近くや、自宅の最寄り駅などがオススメです。

ほかにも通学区間の駅で働くと定期券で通勤ができ便利ですので、自分の行動範囲を意識して立地を絞り込んでいきましょう。

注意すべき条件2:時給

どんな職種にも年齢や立場、立地によって時給の相場が存在します。あまりにも安すぎる時給は法律に抵触している場合がありますが、あまりに高すぎる時給も注意したほうがいいかもしれません。

時給が高いかわりに無理な要求をされたり、サービス残業が多かったりといったブラック企業の可能性もあるので、同じ職種の相場を調べてみてから応募するといいですね。

注意すべき条件3:シフトの組み方

学生がアルバイトをする場合、試験やイベントでシフトを変えなければならない場合も多いでしょう。そういったシフトの融通が利くかどうかも、アルバイト先を選ぶときに押さえておきたいポイントのひとつです。

応募時に「試験期間のシフトはどうなるのか」「授業の後にしかシフトが入れられないか大丈夫なのか」といった、自分の都合に合わせてシフトを決められる職場かどうかをよく確認しておきましょう。

注意すべき条件4:服装やファッションの規定

雇用先は、アルバイトにも服装規定を設けている場合がほとんど。露出が激しい、過度に派手な服装を避けるのはもちろんですが、飲食店はネイルやヒゲなどの対策が必要なお店もあります。自分の希望に合ったお店を探すには、服装に関する項目のチェックも欠かせません。

飲食店で髭やネイルに関して紹介している記事はこちら

飲食店の身だしなみはサービスの一部です!その清潔感の基準とは

飲食店でネイルは衛生的にNG!どうしてもしたい人の解決策とは

自分に合ったお店を見つけよう!

求人情報は多く存在しますが、記事の文章や写真だけではそのアルバイト先の「本当の姿」を見ることは難しいです。
自分に合ったお店で長くアルバイトを続けたいと思った場合、事前にお店をリサーチし雰囲気や仕事の様子をチェックしておきましょう。

お店にお客さんとして行ってみる

飲食店や小売店など、実際に店にお客さんとして行ける場所の場合、店を利用することで店内の様子や雰囲気がわかるでしょう。
店内が明るく活気づいて見える場所は、社員・アルバイトも意欲的に働いていることが多いです。

利用したときに居心地がいいと感じるお店は、働いても同じように「いい店だな」と感じられるでしょう。

知り合いがいれば話を聞いてみる

自分が働きたい!と思ったお店で働いている友人がいる場合、「どんな感じのお店?」と雰囲気や職場の印象を聞いてみましょう。
実際に働いているスタッフの意見はとても参考になります。「働きたいと言っている人がいる」と紹介してくれれば、採用につながる可能性もあるでしょう。

自分に合う「働きやすい」職場を見つけよう

パソコンで作業をする女性
  • アルバイトは求人サイトやフリーペーパーなどの媒体で探せる
  • アルバイトを選ぶ条件は事前に絞り込んでおく
  • 実際に店を利用する、知り合いの意見を参考するなどで店の雰囲気を見る

今回の記事では、以上の3ポイントを中心にアルバイトの上手な見つけ方についてまとめました。さまざまな求人情報を見比べて、自分にぴったりのアルバイト先を探してくださいね。

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加