アルバイトの無断欠勤は絶対にNG!休むときは必ず早めの連絡を!

ケータイをいじる女性

病欠や私用などでアルバイトを休むことは誰もがあり得ることですが、連絡を入れずに突然休む「無断欠勤」は、絶対にしてはいけない行為です。アルバイトを急きょ休まなければならない用事が入ってしまったときは、どうすればいいのでしょうか?

今回は、アルバイトを欠勤するときの連絡方法について解説します。

アルバイトの欠勤理由は何?

アルバイトを続けていると、どうしても欠勤しなければならないときが、発生してしまうかもしれません。働いているアルバイト先を欠勤する理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

風邪をひいてしまった

急な休みに多い理由が「病欠」です。中でも、風邪による休みがもっとも発生しやすいケースでしょう。風邪をひいたまま無理やり出勤すると、自分の体調が悪化するだけではなくお客様や他の従業員に迷惑をかけてしまいます。無理をして出勤せずに、しっかりと休養を取りましょう。

身内に不幸があった

頻繁には起こらないことですが、必ず休まなければならないのが「身内の不幸」です。親族が亡くなった、危篤になった、という場合、すぐに駆けつけなければいけませんよね。

もし通夜や葬儀といった葬祭行事が行われる場合、何日か休みをもらう必要があります。イレギュラーな事態が起こりやすい理由なので、出来る限り店側にも状況の報告をしましょう。

災害が発生した

火事や地震といった災害が発生してしまった場合は、店側も被害にあっている可能性があります。まずは連絡して「災害が原因で出勤できない」ことを伝えましょう。その後、お店の営業状況とその後の動きを、店側と共有しておきましょう。

どうしても外せない用事が入ってしまった

本来なら、シフトを決める段階で自分のスケジュールを立てて、用事が入らないようにしなければいけません。しかし、学校関係や家族との関係でどうしても外せない予定が入ってしまうという場合もあるでしょう。

そのときは、外せない用事が判明した段階ですぐに店側と連絡を取って「休みたい」と申し入れてください。直前まで何も言わないのはイメージが悪く、店側にも迷惑をかけてしまいます。

休むときの連絡方法

アルバイトを休むこと自体は仕方ないこともありますが、大切なポイントはその連絡をいかに正しく行うかです。欠勤の連絡は、以下のポイントを意識しながら行いましょう。

電話で連絡を!

休みの連絡をするときはLINEやメールではなく、電話で行いましょう。とくに飲食店では、調理や接客中に携帯電話を確認している時間がないため、休みの連絡に気づかない可能性があります。

責任者と直接話ができる電話で休みの連絡をした後、状況に応じてグループチャットで休みの報告をしましょう。

できるだけ早めに連絡を入れる

出勤できない日が判明したら、できるだけ早めに連絡をいれましょう。店側も代わりに出勤してくれる他のアルバイトを探さなければなりません。休みの連絡は少し気まずいもので、ずるずると伝え損なってしまうかもしれませんが、営業に支障が出る場合もあるので、早めの連絡を心がけましょう。

無断欠勤は絶対にNG

医者に説明を受ける女性

アルバイトをしていて、絶対にしてはいけない休み方が「無断欠勤」です。無断欠勤とは、休みの連絡を誰にも入れずに当日突然仕事に行かないことを指します。店に迷惑をかけるだけではなく、一緒に働いている仲間にも大きく負担をかけてしまうので、絶対にやめましょう。

シフトを忘れていた

アルバイトのシフトが入っていることを忘れていた場合、すぐに店に連絡を取って「シフトに入っているのを忘れていました、今からでも間に合えば出勤したいのですが」と確認しましょう。その後、間に合うようであれば、すぐに準備して急いで職場に向かってください。

もし、すでにシフト終わりの時間に気づいた場合や、「もう今日は来なくてもいいよ」と言われたときは、次の出勤は早めに到着して、しっかり謝罪するようにしましょう。

寝坊してしまった

寝坊してシフトに遅れてしまった場合、大抵会社から電話がかかっているはずです。その場合、すぐに電話を折り返して正直に「寝坊してしまった」と伝えましょう。そのうえで、アルバイトの準備をして急いで向かってください。

「あと○分程度で到着できます」といった目安の時間を伝えておくと、店側も予定を組みやすくなるので、伝えておきましょう。

サボり

時にはどうしても働きたくない、という気分の時もあるでしょう。しかし、連絡を入れずにサボるという行為は絶対に行ってはいけません。自分の予定に責任を持たず無断欠勤すると、人としての責任能力を問われ、その後の信頼を一気に失ってしまいます。

特に理由もなく休みたいから休む、といった無責任な行動は控えましょう。

必ず謝罪の言葉を!

欠勤や遅刻をしてしまったときは、失敗をいつまでも悔やんでいるのではなく、迷惑をかけた相手に対して謝罪の気持ちを伝えることが大切です。責任者や店長、先輩等はもちろん、同じ時間にシフトに入っていたスタッフに「ご迷惑をおかけしました、以後このようなことがないよう気をつけます」と心を込めて謝罪しましょう。

また、どうしても仕方がない理由で休みを取った場合は、代わってくれた人に「ありがとうございました」という感謝の気持ちを伝えることも大切です。

アルバイトを休む時には連絡とフォローを忘れずに

コーヒーをいれる女性
今回はアルバイトを休む時の理由や連絡方法、無断欠勤について解説しました。

  • 欠勤をするときは早めの連絡を!
  • 遅刻や寝坊をしたときは、すぐに連絡をして急いで向かおう
  • 欠勤をした後は謝罪の言葉を忘れずに!

日常生活の中には、たくさんの「予期せぬ事態」が発生します。時には、予定していたアルバイトを休まなければならない時もあるでしょう。大切なのは無理やり休まないということだけではなく、休むときに適切な連絡・フォローを入れるということです。

今回の記事を参考に、勤務先に不快な思いや迷惑をかけない休み方を覚えておきましょう。

【お金を稼ぐ方法はバイトだけじゃない】

雇われずに個人で稼いで自由に生きる道もある。
今の時代、学校に通いながら年収1000万以上稼いでいる学生なんてゴロゴロいるのです。
「知識」「スキル」「イラスト」「音楽」「声」を売ったりすることで。
管理人taigaも、一人で複数の商売をしています。
自分にとっての当たり前は、他人にとっての宝物。
それを世の中に届けながら幸福に生きる。
それは本来誰にでも可能で、自然なことです。
ただ正しい届け方を知らないだけなのです。
そんな「新時代の歩き方」をLINEで語ります。

友だち追加